FREEな毎日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


もうそろそろ、紫外線が気になる季節。
4月5月は紫外線の量は真夏と同じくらい多いので、これくらいの時期
から紫外線から肌を守る働きのある成分があるオイルを使用してのSOAP仕込み。
こちら、セサミオイル=ごま油です。
琥珀色のごま油ではなく、太白の無臭無色のごま油。

ごま油は不けん化物として強力な抗酸化物質である、セサミン、セサモリン、
セサモールを含んでいる為、リノール酸の割合が多い割りに、
酸化安定性がとても良いのが特徴です。
エジプトのミイラの保存や、インドの老化防止のためのマッサージ療法にも
このごま油が使われてきました。
また、セサミン、セサモリン、セサモールは、紫外線防止のための油基材として
紫外線よけのクリームなどの基材として多く使われています。

オリーブオイルに代わって、このセサミオイル100%で作ってしまうと、
とてもさっぱりとしたうすいピンク色の石鹸になります。
私の場合、紫外線のダメージで失った潤いも欲しいので、オリーブオイル半分、セサミオイル半分
の調合で、冬場よりもさっぱりした使用感で、潤いながら肌を守るという私の好きな夏用レシピ。
季節にあわせたSOAPを作っています。
ただ、化学的な散乱剤を使った強力な日焼け止めの代わりにすることはできません。
あくまでも、肌を守るというだけなので、SOAPと一緒に日焼け止めを合わせて使用すると、
より良い効果があるでしょう。毎日使うSOAPで少しでもお肌を守っていきたいですね。






今日の仕込みは、2tone。
太陽のオレンジ色のイメージで、赤パームオイルをしようして
オレンジ色とホワイトの2層の石鹸仕込み。
1層目を2日程乾燥させてから、2層目のカラーを重ねていきます。

 











そして、今乾燥中の泡盛のSOAP
泡盛と、ベルガモット、レモングラスの香りが
とってもいい香り~

まだカットしたてなので、カラーが安定してません。
まだまだ熟成させていきます。





   









すごく気に入ってしまったので、同じものを昨日仕込みしましたが・・・
おもいっきり失敗・・・ショック・・・

失敗の作品



精製水の代わりにお酒を使用して造るSOAPは、難易度が高いと
よくいわれています。
アルコールとオイルを混ぜ合わせる時に十分注意しないと、すぐに分離して
しまいます。アルコール、麹との反応もあって、熱も持ちやすいので、
十分に気をつけなければいけません。
失敗品の代表作を作ってしまった・・・・
レシピは全く一緒ですが、
上の画像と比べると、全く違うのがよく分かります。


まだお酒を使用した石鹸仕込みは日が浅いので、
もっと作って、感覚的に覚えていかなきゃな・・・

失敗は成功のもと~



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://freeandfunky.blog130.fc2.com/tb.php/235-f32faefd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。