FREEな毎日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
去年まではホワイトのTシャツをタイダイに染めていたのですが、今年からは一度カラーのTシャツを作ってから、タイダイに、2工程の染め作業。



一度目は薄めのカラーで染める。
染料も自分達の色を出す為に調合。
オリジナルのTシャツカラー。
そして、ワンウォッシュ
洗いをかけます。
そしてタンブラー乾燥。
染め用のTシャツは必ず乾燥機で乾かします。乾燥機をかけると縮むというより、生地の編みがしっかりキュッと目が閉まる。染め用のTシャツは縮んでも普通サイズのTシャツと同じサイズになるように、作られていれので、必ず乾燥機で乾かします。
アメリカ製のTシャツも。
乾燥機でこんなに縮むんです。



結構縮んでる。
アメリカ製のTシャツはデカイと思われがちですが、タンブラー乾燥すると、縮みます。日本は天日干しだけど、アメリカは、ほとんどタンブラー乾燥。
乾燥機をかけるだけでTシャツの形がカッコよくなります。
なので、アメリカ製のTシャツは一度乾燥機でかわかしてあげてみてくださいね! いい感じのフィット感になりますよ。私が思うにアメリカ製のTシャツもタンブラー乾燥での縮みを考えられて作られているんだと思います。

オリジナルカラーのアメリカ製霜降りTシャツ。



FREE
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://freeandfunky.blog130.fc2.com/tb.php/210-d0ee25c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。